ご祭神一覧

祭事一覧

  神幸祭
  例大祭
  火焚祭

境内社

  豊国神社

ご神猿
ご神木

お参りと祈願
厄年と祓
ご祈祷受付
ご神猿お守


新日吉神社見所
ページへ


















 
  

index

 神社名が読めますか?(クリック)
日吉の大神
山の神(比叡山、白山)、縁結びの神(出雲の神)、海の神(宗像神社)を
一つに総合して日吉の神と称されています。
すべての大神のご神徳に浴する事が出来ると信じられております。
 
                           京都市東山区東大路七条東入ル
新日吉神宮の見どころ・知り所

日吉のご神猿「真猿」
日吉大神のお使いです。
(干支ではありません)



新日吉神宮朱印の
お知らせ

 
名札掛け祈願
新日吉神宮の楼門をくぐり境内に入り、拝殿の横を通ると、本殿が見えます。
階段を上って本殿前で拝礼が出来ます。
本殿の中に「お名前」を1年の間掲げて置くことが出来ます。
 

新日吉神宮楼門

 

拝殿(左側)     本殿(右奥)

新日吉神宮=いまひえ じんぐう

新=いま。 「今」の意味

日吉=ひえ。 「日枝」「日吉」「比叡」は同じ。

平安末期。平氏・源氏・公家が争っていた時代。
後白河天皇は天皇を退位なされ上皇になられました。

この時代の実権は上皇が握っていました。
後白河上皇は院の御所をお定めになられましたときに
皇居の守護神として、比叡山の守護神/日吉社(現・日吉大社)
を勧請
なされ、京都・東山の麓に「新しい日吉神社」を創祀
され
ました。(1160年)
創祀850年以上になりますが「新」が付いております。