ご祭神一覧
祭事一覧
    神幸祭
   例大祭
   火焚祭

境内社
  豊国神社
ご神猿
ご神木

お参りと祈願
厄年と祓
ご祈祷受付
ご神猿お守




トップページへ


 
 

 
 

神幸祭                                    トップページに戻る
 

神幸祭(5月第2日曜日)

宮中行事であった「小五月会(こさきのまつり)」を
新日吉社の祭儀として復興されました。(1169年)。

戦国時代に中断しましたが江戸時代の1655年に
復興しました。
その時から現在の神をお乗せした神輿(鳳輦)が氏子町内を
巡幸する形になりました。

天明7年(1787年)、禁中の命令(女房奉書)を賜って
祭礼を行う例(ためし)となり、更に寛政4年(1791年)~11年に、
御所(禁裏・仙洞・女院・中宮)より7本の振り鉾(剣鉾)が
御寄進せられました。

神輿は寛保3年(1743年)に現在の修道組・貞教組の町々に
永代お預けになり、以来神事当町として、神輿(現在は鳳輦)・
大榊・幸御鉾を護持し奉仕を続けています。 
   妙法院門跡ご法楽      拡大クリック
              巡幸拡大クリック

 
             剣鉾拡大クリック

寛政4年(1791年)~11年に、
御所(禁裏・仙洞・女院・中宮)より
7本の振り鉾(剣鉾)が御寄進せられ、
日吉の神の名や社名を町名に
戴く菊浜組の町々で保管、供奉する
ように仰せ下されました。