ご祭神一覧
祭事一覧
    神幸祭
   例大祭
   火焚祭

境内社
  豊国神社
ご神猿
ご神木

お参りと祈願
厄年と祓
ご祈祷受付
ご神猿お守



トップページに


















 
 

豊国神社                                          トップページに戻る
 

                                        

豊国神社(ほうこくじんじゃ)

元の名は「樹下社」(このもとのやしろ)。
徳川幕府により豊国大明神(豊臣秀吉公)が壊された後、
密かに公の御霊をお祀りしてきました。
秀吉公は「木下」姓と、「日吉丸」(幼少時代)の名前を名乗って
いましたので、「樹下社」「新日吉社」の名前でカムフラージュして、
徳川幕府の監視の目をくぐってきたと伝えられています。

詳細はここをクリック
 
新日吉神宮の境内にあり、近くに有る「豊国神社」(とよくにじんじゃ)とは異なります。
                  徳川幕府によって壊された豊国大明神は明治時代に
                     「豊国神社」(とよくにじんじゃ、豊国廟)として再興されました。


樹下社の由来

桃山時代に豊臣秀吉公は方広寺大仏殿を造営し、三十三間堂を
含めて広大な境内域になりました。
慶長三年(1598年)に秀吉公が没し「方広寺」東の「油が峰」に
墓所〈豊国廟社)が設けられましたが、徳川幕府により元和元年
(1615年)に廃止が決定されました。
そのために妙法院門跡・智積院・新日吉社を豊国廟前に移しました。

この時に、豊国社のご神体は新日吉社神殿に密かに遷し祀られました。

天明五年(1785年)に改めて境内社として樹下社(このもとのやしろ)を
造営して豊公の社殿と致しました。「樹下」の神(玉依姫神)の神名を
木下姓に通わせて豊公の御霊を隠し祀られたと言われております。

明治三十年(1897年)に豊臣氏ゆかりの旧大名家が豊国廟の復興を
はかり、又その威勢をもって新日吉社は南西方向の現在地に
移動させられました。

新日吉社境内社の豊国社(樹下神社)もその時に現在地に遷座致しました